公式情報

MOA美術館

絵画や工芸、彫刻などの美術品が展示されている岡田茂吉創立の美術館。

美術館

美術品蒐集家として知られる岡田茂吉が1982年に創立した美術館で、重要文化財や重要美術品が多数展示されている。なかでも江戸時代を代表する画家、尾形光琳の作品で国宝の「紅白梅図屏風」は圧巻の存在感。一面の金色と紅白の梅の花の色合いの美しさは必見だ。

展示品はもちろんのこと、MOA美術館はその建物も芸術的要素が高く、エントランスから本館までは7基のエスカレーターが設置されており、天井・壁と光のグラデーションが楽しめる。円形ホールではマッピングで万華鏡を演出、ライブカメラで投影された万華鏡の模様は、二度と同じものは見られないという。

熱海の高台にある美術館は眺めも最高で、エスカレーターの先に広がる広場、「ムア スクエア」では美しい自然と相模灘を一望することができる。広場にはイギリスの彫刻家、ヘンリー・ムアの作品「王と王妃」も設置されていて、芸術作品と自然とのコラボレーションも楽しめる。

またMOA美術館では美術教育に力を入れているため、毎年、全国児童作品展を開催し、その受賞作品を常時展示している。国内外から集まった子どもたちの作品も、美術館を楽しむ時間のひとつだ。

ポイント

  • 国宝を含む重要文化財や重要美術品など、貴重な作品の数々を展示。
  • 光のグラデーションが美しいエスカレーター。
  • 同じものは二度と現れない、円形ホールのマッピングの万華鏡。
  • 「ムア スクエア」からは相模灘を一望。

写真

  • 国宝「紅白梅図屏風」

    国宝「紅白梅図屏風」

  • 光のグラデーションがお出迎え

    光のグラデーションがお出迎え

  • 日本最大級のマッピング万華鏡

    日本最大級のマッピング万華鏡

  • 館内からの眺めも美しい

    館内からの眺めも美しい

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
MOA美術館
郵便番号
413-8511
住所
静岡県熱海市桃山町26-2
電話
0557-84-2511
定休日
木曜(木曜が祝日の場合は開館)、展示替え日
時間
9:30〜16:30(最終入館は16:00まで)
料金
一般1,600円、高大生1,000円、中学生以下は無料(高大生は身分証明できるものを提示)
アクセス
JR東海道本線「熱海」駅より路線バスMOA美術館行きで約7分、終点MAO美術館下車すぐ
クレジットカード
可(VISA、MASTER、DinersClub,JCB,AMEX,DISCOVER)
公式サイト
公式サイト(日本語)