公式情報

トヨタ産業技術記念館

トヨタグループ発祥の地で、産業の歴史や技術の変遷を学ぶ。

博物館

トヨタグループの創業者である豊田佐吉が1911年に織機の研究開発のために創設した試験工場の場所と、建物を利用して建設された記念館。トヨタの原点である繊維機械について紹介する「繊維機械館」と、自動車技術の変遷を紹介する「自動車館」の大きく2つに分かれている。

「繊維機械館」は、大正時代に建てられた紡織工場の柱や梁、赤レンガの壁をそのまま使用しおり、大正・昭和初期の紡織工場にタイムスリップしたような気持ちにさせてくれる。展示場には初期の道具や機械、さらには現代のメカトロ装置の繊維機械まで約100台を一堂に展示。スタッフによる実演も随時行っており、機会が規則正しく糸を紡いだり、布を織る様子を目の前で見ることができる。

「自動車館」ではトヨタの自動車づくりをさまざまな角度から紹介。「自動車事業創業期」「時代を見据えた車両開発」「開発技術」「生産技術」「豊田喜一郎とは?」の5つのゾーンで構成しており、トヨタ自動車の歴史や理念を深く学べる。

そのほか、ミュージアムショップやレストラン、カフェ、図書館などがあり、家族で1日楽しめる。

(写真提供:トヨタ産業技術記念館提供)

ポイント

  • トヨタグループ発祥の地でトヨタが歩んできた歴史に触れられる。
  • トヨタグループの原点である繊維機械を実演も交えながら紹介している。
  • 自動車技術の変遷や進歩を実車の展示などを見学しながら学べる。

写真

  • 旧豊田紡織株式会社本社工場跡にある

    旧豊田紡織株式会社本社工場跡にある

  • 繊維機械が一堂に展示されている「繊維機械館」

    繊維機械が一堂に展示されている「繊維機械館」

  • 無停止杼換式豊田自動織機(G型)

    無停止杼換式豊田自動織機(G型)

  • 試作工場を再現した展示

    試作工場を再現した展示

  • トヨダスタンダード セダン(AA型)

    トヨダスタンダード セダン(AA型)

  • 各時代の名車も展示している「自動車館」

    各時代の名車も展示している「自動車館」

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
トヨタ産業技術記念館
郵便番号
451-0051
住所
愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35
電話
052-551-6115
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)
時間
9:30~17:00(入場は~16:30)
料金
大人500円、65歳以上・中高生300円、小学生200円【ノリタケの森(ノリタケクラフトセンター)共通券】大人800円【トヨタ博物館共通券】大人1400円、65歳以上740円、中高生640円、小学生460円
アクセス
1)名鉄「栄生」駅から徒歩約3分
2)「名古屋」駅からなごや観光ルートバス メーグルで約8分
クレジットカード
利用可
公式サイト
公式サイト(日本語)