公式情報

星の王子さまミュージアム

世界初『星の王子さま』がテーマのミュージアム。やさしい物語の世界に浸ろう!

3.58 1

ミュージアム

世界中で愛され続ける童話『星の王子さま』をテーマにした世界初のミュージアム。作者サン=テグジュペリの生誕100年を祝した世界的記念事業の一環として、1999年6月29日にオープンした。

エントランスでは小惑星B612の王子さまがお出迎え。園内に入ると、四季折々の花が咲き誇る「ヨーロピアン・ガーデン」、王子さまが愛した赤いバラをモチーフにした「ローズガーデン」、王子さまやキツネ、ヒツジの像がたたずむ「クリスマスローズの花園」と続く。さらにフランスの雰囲気が漂う「王さま通り」を通って「展示・映像ホール」へ。『星の王子さま』を読んだことがなくても大丈夫。映像ホールでは、砂漠の世界を演出した空間で作品と作者について概観でき、展示ホールでは飛行士でもあった作者の生涯をたどることで『星の王子さま』誕生の秘密を知ることができます。

そのほかにも敷地内には作者が幼少期を過ごした教会や城館の再現も。お腹が空いたら「レストラン ル・プチ・プランス」へ。南仏プロヴァンスをイメージした店内では、物語にちなんだメニューがたくさん! 『星の王子さま』の作品世界にどっぷり浸れるミュージアムを余すところなく満喫しよう。

ポイント

  • 童話『星の王子さま』をテーマにした世界初のミュージアム。
  • 物語にちなんだメニューが楽しめるレストランを併設。
  • 四季折々の花咲くヨーロピアン・ガーデンが楽しめる。
  • サン=テグジュペリゆかりのフランス風の街並みが広がる。
  • ミュージアム内はどこを撮ってもフォトジェニック。

写真

  • 南仏プロヴァンス風の建物と小惑星B612の王子さま像(エントランス)

    南仏プロヴァンス風の建物と小惑星B612の王子さま像(エントランス)

  • 物語に欠かすことのできないバラは5月下旬~7月上旬が見頃(ローズガーデン)

    物語に欠かすことのできないバラは5月下旬~7月上旬が見頃(ローズガーデン)

  • 作者の生涯を9つの時代に分けて紹介。当時の風景も再現(展示ホール)

    作者の生涯を9つの時代に分けて紹介。当時の風景も再現(展示ホール)

  • 物語に登場するキャラクターを通して、王子さまの旅路をたどる展示も(展示ホール)

    物語に登場するキャラクターを通して、王子さまの旅路をたどる展示も(展示ホール)

  • 『星の王子さま』のモチーフがちりばめられた南仏プロヴァンス風のレストラン

    『星の王子さま』のモチーフがちりばめられた南仏プロヴァンス風のレストラン

  • レストランには『星の王子さま』の物語にちなんだメニューがたくさん!

    レストランには『星の王子さま』の物語にちなんだメニューがたくさん!

口コミ

  • 孫佳玲

    歐洲童話故事書小王子有博物館了,YA ,展覽許多故事引寓,咖啡廳裡有小王子鬆餅,還有5月-7 月玫瑰花盛開,很值得一遊。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
星の王子さまミュージアム
郵便番号
〒250-0631
住所
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
電話
0460-86-3700
料金(税込)
<当日券>大人1,600円、小・中学生700円、高校生・大学生・専門学校生(要学生証)・シニア(65歳以上)1,100円、未就学児は無料
<前売券>大人1,400円、小・中学生600円
※悪天候などの理由による臨時休園の場合でも、入園料の払い戻しはありません。
定休日
第2水曜日(3月と8月は無休)
※年末年始営業
営業時間
10:00-18:00(最終入園17:00)
※展示・映像ホールは10:00-17:30
※気象状況等の事情により営業時間の変更や臨時休園の可能性あり。事前に公式Twitterにて確認を
アクセス
(1) 新宿高速バスターミナル(バスタ新宿)より小田急箱根高速バス(箱根線)にて約120分、「川向」バス停下車すぐ。
(2) JR「小田原」駅より箱根登山バス(桃源台行き)にて約50分、「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車すぐ。
(3) 箱根登山鉄道「箱根湯本」駅より箱根登山バス(桃源台行き)にて約30分、「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車すぐ。
(4) 箱根登山鉄道「強羅」駅より観光施設めぐりバス(湿生花園前行き)にて約18分、「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車すぐ。
喫煙
喫煙所 無 ※駐車場に灰皿あり。
クレジットカード
公式サイト
公式サイト(日本語)