公式情報

箱根関所

江戸時代の関所を完全に復元した歴史施設。

3.63 2

観光名所 / 史跡 / 歴史資料館

徳川家康が関東に入り、江戸幕府を開いた後、江戸と京を結ぶ東海道の重要性は高くなり、江戸の治安維持のためにも厳重に出入りを管理する必要があった。「箱根八里」と呼ばれ険しい山道が続く箱根は、抜け道が困難という適地であったため、元和5(1619)年、芦ノ湖畔に関所が設けられた。

明治2(1869)年の関所全廃で箱根関所も廃止されたが、発掘や史料をもとに平成19(2007)年に関所の大番所や上番休息所などの復元整備が完了し公開された。

「入り鉄砲に出女」という言葉があるように、当時の関所では江戸に入ってくる武器と、江戸から出ていく女性をとりわけ監視していた。ただし、武具の検問は今切関所(浜名湖畔)の役目で、箱根の関所ではとくに調べを行わなかったが、女性には厳しく、身体的特徴が細かく記された通行手形を元に、人見女という係が結った髪までほどいて確かめたという。館内では「出女改め」と呼ばれるその様子が人形を使って再現されている。

写真提供:箱根町 企画観光部観光課

ポイント

  • 江戸時代の様子を知ることができる歴史施設。
  • 当時の技術や道具を使って完全に復元された関所。
  • 関所手形や古文書、当時の旅道具などを展示した資料館も併設。
  • 石段を上がった先にある「遠見番所」からは関所の全景と、芦ノ湖越しの富士山の絶景が見られる。

写真

  • 西から来た旅人が最初にくぐる京口御門
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

    西から来た旅人が最初にくぐる京口御門 写真提供:箱根町 企画観光部観光課

  • 役人が旅人を検めた大番所
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

    役人が旅人を検めた大番所 写真提供:箱根町 企画観光部観光課

  • 旅人は手前の地面で役人の検めを待った
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

    旅人は手前の地面で役人の検めを待った 写真提供:箱根町 企画観光部観光課

  • 遠見番所から見る関所の全景と芦ノ湖
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

    遠見番所から見る関所の全景と芦ノ湖 写真提供:箱根町 企画観光部観光課

  • すぐ近くには旧東海道の石畳が残る
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

    すぐ近くには旧東海道の石畳が残る 写真提供:箱根町 企画観光部観光課

口コミ

2
  • Smooth2020

    重現江戶時期的歷史文化,風景也很不錯。

  • 吳凱

    從這可以看到蘆之湖和海盜船!

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
箱根関所
郵便番号
〒 250-0521
住所
神奈川県足柄下郡箱根町箱根1番地
電話
0460-83-6635
定休日
無休
入場時間
9:00-17:00(12月~2月は16:30まで)
入場料
大人500円、子供250円
アクセス
1) 新幹線、JR東海道線、小田急電鉄小田原線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道大雄山線「小田原」駅からバス約55分、下車徒歩2分
2) 箱根登山鉄道「箱根湯本」駅よりバス約40分、下車徒歩2分
3) 箱根芦ノ湖遊覧船「箱根関所跡」港で下船、徒歩2分
4)箱根海賊船「箱根町」港で下船、徒歩5分
公式サイト
公式サイト(多言語)