公式情報

鳴門市「大鳴門橋うずしおウォーク」

世界最大級の鳴門のうず潮を、普段は立ち入ることができない大鳴門橋管理用通路から望むことができるツアー。

大鳴門橋見学ツアー

四国の北東端、兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市の間にある鳴門海峡に架かる大鳴門橋は、道路・鉄道の併用橋として建設され、上部に車道、桁内には管理用通路を設置。大鳴門橋うずしおウォークでは、普段は立ち入ることができない管理用通路を利用し、鳴門の渦潮の絶景を見下ろすことができる。

道の駅うずしお内の海側広場において受付を済ませたら、ヘルメットと手袋などを受け取り、まずは実寸サイズの大鳴門橋ケーブル断面図を使った橋に関する概要のレクチャーを。橋の構造やツアー時の注意点などをしっかりと聞いたら、一般客は立ち入ることができない橋の連絡通路からいざ、入場。
大鳴門橋は全長1,629m。海面から約45mの高さに設置された幅約1mの管理用通路を、建設時のエピソードを交えつつ、橋の構造や仕組みについての説明を聞きながら散策。周辺の島々の情報も教えてくれるので、しっかりと聞きながら景色を楽しもう。

みどころは橋の真ん中あたりから見える、いくつものうず潮! 自然が生み出すこの絶景を真上から鑑賞できるのは、このツアーならではの醍醐味だ。

ポイント

  • ツアー開始前には、橋の構造をしっかりとレクチャー。
  • 一般客は入ることができない幅1mの管理用通路を散策。
  • 建設時のエピソードや周辺の島々の情報などの案内も充実。
  • 鳴門のうず潮を、橋の真上から眺めることができる。

写真

  • 世界最大級の鳴門のうず潮を橋の上から眺められるツアー。

    世界最大級の鳴門のうず潮を橋の上から眺められるツアー。

  • 淡路島南ICから直結、道の駅うずしおの展望台が集合場所。

    淡路島南ICから直結、道の駅うずしおの展望台が集合場所。

  • 直径約84cm、大鳴門橋のケーブル模型のそばでレクチャーは行われます。

    直径約84cm、大鳴門橋のケーブル模型のそばでレクチャーは行われます。

  • 大鳴門橋の付け根部分にある連絡橋からスタート。

    大鳴門橋の付け根部分にある連絡橋からスタート。

  • トラス形式という複雑な橋桁の構造を、素人でも理解できるようわかりやすく説明してくれる。

    トラス形式という複雑な橋桁の構造を、素人でも理解できるようわかりやすく説明してくれる。

  • 遥か向こうに見えるのは南あわじ市のランドマーク、風力発電の巨大風車。

    遥か向こうに見えるのは南あわじ市のランドマーク、風力発電の巨大風車。

  • 通路の床に設置されている、兵庫県と徳島県の県境の目安となる案内看板。

    通路の床に設置されている、兵庫県と徳島県の県境の目安となる案内看板。

  • 世界に誇る鳴門海峡の渦潮。最大で直径約30mに達することも。

    世界に誇る鳴門海峡の渦潮。最大で直径約30mに達することも。

  • 行き交う観潮船と比較すると渦潮の大きさがよりリアルに。

    行き交う観潮船と比較すると渦潮の大きさがよりリアルに。

  • 海峡の鳴門側にある渦の道。回遊式の遊歩道には所々に、海を見下ろせるガラス床を設置。

    海峡の鳴門側にある渦の道。回遊式の遊歩道には所々に、海を見下ろせるガラス床を設置。

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

体験名称
大鳴門橋うずしおウォーク
住所
集合場所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお展望台
電話
088-625-0220(株式会社エアトラベル徳島)
※問合せ、申込みは月〜金曜9:00〜17:30(英語対応可)、実施日の3日前までに要予約
体験時間
3〜11月の9:00〜12:00
定休日
月曜、12〜2月
支払い方法
現金、クレジットカード(JCB,MasterCard,Visa)
予算
1グループ貸切1名の場合72,000円、2名参加の場合の1名あたり37,400円、3名参加の場合1名あたり25,000円、4名参加の場合1名あたり19,500円、5名参加の場合1名あたり16,000円、6名参加の場合1名あたり13,500円
受け入れ可能な人数
20名
多言語サポート
英語、中国語(簡体字)、韓国語
体験レポート
詳しい体験レポートはこちら!