箱根旅行で癒されたいなら絶対に行くべき観光スポット15選

2022年08月02日
最終更新 :
筆者 : 編集部

豊かな自然と温泉地が魅力的な箱根。観光スポットも数多くあり、身体と心を癒す旅がしたいならお勧め。今回は箱根で癒されたいなら行くべき観光スポット、宿泊施設やグルメを厳選してご紹介しよう。

目次

箱根ってどんなところ?

神奈川県の南西部に位置する箱根。古くから宿場町として栄え、現在も保養地・観光地として栄えている。
山々に囲まれた豊かな自然と関東でも有数の温泉地、日本のアートが堪能できる美術館があり、日々の疲れを取るために訪れる人も多い。
保養地・観光地として発展しており、関東県内で人気の観光地。

保養地・観光地として発展し、関東県内で人気の観光地、箱根
保養地・観光地として発展し、関東県内で人気の観光地、箱根

箱根のおすすめの観光シーズンは?

1年を通じて様々な魅力を楽しめるが、11月が最も箱根を楽しめる時期といっても過言ではない。
箱根は10月下旬から11月中旬にかけて紅葉の見頃を迎え、9月下旬〜11月上旬にかけてはスズキが見頃を迎える。
せっかく訪れるのであれば、箱根の豊かな自然を楽しむために時期を調整してみてはいかがだろうか。

箱根の季節ごとの着衣例

  • 春(3月 - 5月): 薄手のセーターやジャケット
  • 夏(6月 - 8月): 半袖や長袖のシャツ
  • 秋(9月 - 11月): 厚手のセーターやジャケット
  • 冬(12月 - 2月): コート、ウールスーツ、ダウンジャケット

箱根への移動方法は?

箱根への移動は新宿駅から75分で、箱根の玄関口「箱根湯本駅」に到着する小田急ロマンスカーがお勧めだ。
電車のフロントガラスからの景色が楽しめる展望席では、大都市である東京から自然豊かな箱根へと景色が移り変わっていく様子が楽しめる。

箱根観光の主要交通手段

箱根には箱根登山電車、箱根登山バス、伊豆箱根バス、観光施設めぐりバスといった移動自体も楽しめる交通手段が豊富にある。
電車とバスを利用すれば、どの観光スポットにも不便なく移動できる。

自然と芸術が楽しめる!箱根観光スポット15選

箱根の特徴である豊かな自然を活かした観光スポットはもちろん、箱根には歴史ある美術館も多いため、自然と芸術で心を癒されてみてはいかがだろうか。

1. 大涌谷

箱根の最も新しい火山活動で生まれた爆裂口、大涌谷
噴気孔群から年中噴きだす白いガスには硫黄分が含まれ、独特の匂いも立ちこめる。岩肌が黄色くなっているところは、硫黄の成分が結晶化したもの。温泉のわき出すところでは、名物の「黒たまご」が作られている。高温で酸性の湯に浸けると殻の黒いゆで卵となり、1個食べれば寿命が7年延びると伝えられている。

白い煙を上げる箱根山火山活動の噴気孔群。
白い煙を上げる箱根山火山活動の噴気孔群。

2. 箱根海賊船

箱根の景勝地・芦ノ湖を運航する観光船。色鮮やかで豪華な装飾が特徴で、船体はロワイヤルII、ビクトリー、クイーン芦ノ湖の3隻。定員はそれぞれ500名ほどで、片道25~35分かけて桃源台港、箱根町港、元箱根港の間を行き来する。天気のいい日は開放的なデッキがおすすめ。気持ちのよい風に吹かれながら、四季折々の自然と山々の景色を堪能できる。

ゴージャスな装飾の海賊船で、芦ノ湖や富士山の絶景を眺めながら爽快クルーズ。
ゴージャスな装飾の海賊船で、芦ノ湖や富士山の絶景を眺めながら爽快クルーズ。

3. 箱根神社

芦ノ湖畔にある箱根神社は、古くから関東域の総鎮守として尊崇されてきた。
勝負運や金運など、多岐に渡りご利益があるといわれている。

かつて多くの武将が訪れた、勝負の神として名を馳せる神社
かつて多くの武将が訪れた、勝負の神として名を馳せる神社

4. 彫刻の森美術館

自然と芸術の調和を目指して1969年に創設された国内初の野外美術館。7万㎡の広大な敷地には、約120点の彫刻作品が点在。ロダン、ムーア、ミロなど近・現代美術を代表する世界的巨匠の名作が展示されている。
野外彫刻は、個人としての使用目的に限り撮影可能。作品と同じポーズで記念撮影をしたり、作品の中に入って遊んだりと、子どもも一緒になって楽しめるスポットも多いので、家族連れにもおすすめだ。

広大な敷地に約120点の彫刻作品が点在、自然と芸術が調和する日本初の野外美術館。
広大な敷地に約120点の彫刻作品が点在、自然と芸術が調和する日本初の野外美術館。

5. 箱根ガラスの森美術館

緑豊かな箱根仙石原にあるヴェネチアン・グラス専門の美術館。館内には「ヴェネチアン・グラス美術館」、「現代ガラス美術館」、「ガラスの体験工房」のほか、大涌谷を一望できる庭園やカフェ・レストランやミュージアムショップがある

大涌谷を眺望する美しい庭園
大涌谷を眺望する美しい庭園

6. 箱根強羅公園

1914(大正3)年に開園した日本初のフランス式整型庭園。
園内には、四季を通してさまざまな花々が咲き、来園者の目を楽しませてくれる。
熱帯植物館やローズガーデンなどのほか、カフェや体験工房、茶室などの施設もあり、散策以外にもさまざまな体験ができるものも魅力。

箱根強羅公園のシンボル「噴水池」
箱根強羅公園のシンボル「噴水池」

7. 箱根関所

江戸時代の関所を完全に復元した歴史施設。
明治2(1869)年の関所全廃で箱根関所も廃止されたが、発掘や史料をもとに平成19(2007)年に関所の大番所や上番休息所などの復元整備が完了し公開された。

西から来た旅人が最初にくぐる京口御門
写真提供:箱根町 企画観光部観光課
西から来た旅人が最初にくぐる京口御門
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

8. 芦ノ湖

約三千百年前、火山活動で起きた水蒸気爆発によって、大きく崩れた山の土砂が川をせき止めて生まれたとされる湖。
湖畔にはさまざまなレジャー施設や土産物店が数多くあり、湖を巡る遊覧船も人気が高い。また、箱根関所や旧東海街道の杉並木、皇室の離宮跡に開かれた恩賜公園など歴史スポットもたくさんある。

積雪のある冬景色も趣がある
写真提供:箱根町 企画観光部観光課
積雪のある冬景色も趣がある
写真提供:箱根町 企画観光部観光課

9. 星の王子さまミュージアム

世界中で愛され続ける童話『星の王子さま』をテーマにした世界初のミュージアム。作者サン=テグジュペリの生誕100年を祝した世界的記念事業の一環として、1999年6月29日にオープンした。
エントランスでは小惑星B612の王子さまがお出迎え。園内に入ると、四季折々の花が咲き誇る「ヨーロピアン・ガーデン」、王子さまが愛した赤いバラをモチーフにした「ローズガーデン」など、様々な展示が楽しめる。

物語に登場するキャラクターを通して、王子さまの旅路をたどる展示も(展示ホール)
物語に登場するキャラクターを通して、王子さまの旅路をたどる展示も(展示ホール)

10. 岡田美術館

小涌谷温泉エリアに2013年に開館した美術館。明治時代に欧米人向けに建てられたホテル「開化亭」の跡地に建設され、全5階建て約5,000㎡と箱根随一の広さを誇る。
俵屋宗達や尾形光琳などの琳派の作品から、喜多川歌麿や葛飾北斎などの浮世絵、菱田春草や横山大観などの近現代の日本画が揃い、そのほか日本・中国・韓国の陶磁器や日本の仏教美術など、東洋の美術品を常時約450点展示している。

屏風を中心とした日本絵画が並ぶ3階展示室
屏風を中心とした日本絵画が並ぶ3階展示室

11. 箱根園水族館

芦ノ湖のほとり、複合施設・箱根園内にある水族館。海抜723mと、海水の大水槽を持つ水族館では日本一の標高を誇り、「森の中の水族館」とも呼ばれている。
館内は「バイカルアザラシ広場」「海水館」などのエリアに分かれており、世界中から集められた魚たちを観賞できる。

バイカルアザラシの愛くるしい姿とオープンエアーの大水槽が見どころの水族館。
バイカルアザラシの愛くるしい姿とオープンエアーの大水槽が見どころの水族館。

12. 箱根美術館

実業家・宗教家の岡田茂吉が創設した美術館。
自然の山水美と人工的庭園美とを調和させた庭園は、約130種の苔と200本のモミジで彩られた「苔庭」、巨岩の岩組みが見どころの「石楽園」(一部非公開)、「竹庭」、「萩の道」で構成され、四季折々の景観が楽しめる。その美しさから、2021年3月には国の名勝指定も受けた。

11月頃になると、庭園のモミジが一斉に紅葉し、多くの観光客で賑わう
11月頃になると、庭園のモミジが一斉に紅葉し、多くの観光客で賑わう

13. 大雄山 最乗寺

福井県永平寺横浜市鶴見の総持寺に次ぐ格式のある曹洞宗の寺院で、全国に4000余りの門流を持つ。
境内には本堂を中心に30余りの堂塔が立ち、仁王門から参道の約3kmには樹齢500年以上の県の天然記念物の杉並木がうっそうと茂っている。四季折々の自然も見どころで、春は枝垂桜や藤、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は雪景色と一年を通して楽しめる。

初冬の肌寒さを感じる頃に紅葉が見頃を迎える
初冬の肌寒さを感じる頃に紅葉が見頃を迎える

14. 箱根 阿弥陀寺

阿弥陀寺は、木食遊行僧として知られる禅誓上人が江戸時代初期にこの地に開山した浄土宗の古刹で、幕末を生きた皇女・和宮の位牌を祀ることでも知られている。
本堂には町の重要文化財に指定されている阿弥陀三尊像のほか、和宮ゆかりの像・黒本尊が安置され、毎年10月第4日曜には『お十夜大祭』講話や、住職による皇女和宮をしのぶ琵琶演奏(志納金1人1,000円、5名より受付、要予約)なども。

木食遊行僧・弾誓上人が開山。あじさいの名所としても有名な、皇女・和宮ゆかりの寺。
木食遊行僧・弾誓上人が開山。あじさいの名所としても有名な、皇女・和宮ゆかりの寺。

15. 箱根の市

箱根登山鉄道・箱根湯本駅の改札を出てすぐの場所にあるみやげ物店。温泉まんじゅうから定番ご当地グッズ、伝統工芸品の寄木細工、人気ホテルのドレッシングやお菓子まで、箱根ならではの商品を数多く取り揃えている。さらに近隣・小田原の名産品であるかまぼこや干物なども扱っており、こちらも人気が高い。

箱根湯本駅の改札を出てすぐの場所にある
箱根湯本駅の改札を出てすぐの場所にある

移動も楽しめる!箱根でお勧めの交通機関2選!

移動が楽しめれば、旅はもっと楽しくなる。
箱根なら移動中でも豊かな自然を楽しめる交通機関が多いため、移動手段も効率ではなく楽しさで選んでみてはいかがだろうか。

1. 箱根登山鉄道

沿線に箱根の主要スポットが点在し、箱根観光に欠かせない「箱根登山鉄道」。小田原駅~強羅駅を結ぶ「箱根登山鉄道」と、強羅駅~早雲山駅を結ぶ「箱根登山ケーブルカー」からなり、箱根湯本駅と強羅駅の2回の乗り換えで終点の早雲山駅までアクセスできる。

あじさいの咲く時期の「箱根登山鉄道」は、「あじさい電車」の愛称で親しまれている
あじさいの咲く時期の「箱根登山鉄道」は、「あじさい電車」の愛称で親しまれている

2. 箱根ロープウェイ

雲山駅から桃源台駅までを結ぶ、全長約4kmのロープウェイ。ゴンドラからは箱根の山々や芦ノ湖、富士山や相模湾などが眺められ、自然を満喫しながら約24分間の空中散歩が楽しめる。
沿線には箱根随一の観光スポットである「大涌谷」もあり、通過時には眼下に130mの深い谷が広がり、白い噴煙や流れ出た硫黄の様子も見ることができる。

ゴンドラからは芦ノ湖を一望できる
ゴンドラからは芦ノ湖を一望できる

箱根で人気の飲食店2選

箱根では自然を活かしたグルメが楽しめる。
身体を癒すためにも身体が喜ぶ食事を選ぼう。

1. 田むら銀かつ亭 本店

豆腐に国産豚ひき肉のそぼろ餡を挟んでカツにし、これを卵とじにして土鍋で煮込んだ「豆腐かつ煮」。1995年の販売開始以来好評を博し、今や強羅名物になった豆腐かつ煮を生んだのが、箱根を中心に4店舗を構える「田むら銀かつ亭」の本店。
吹き抜けのテーブル席や子供連れに人気の座敷席のある店内は落ち着いた和の雰囲気。箱根登山電車及び箱根登山ケーブルカーの強羅駅からも近く、箱根観光の際に一度は訪れたい名店だ。

強羅名物・豆腐かつ煮定食
強羅名物・豆腐かつ煮定食

2. 箱根 自然薯の森 山薬

箱根登山鉄道・宮ノ下駅から徒歩約5分、自然に豊かな場所に建つ自然薯料理専門店。「山芋の王様」とも称される栄養豊富な自然薯をさまざまな料理で提供している。
メニューは、自然薯のとろろをメインにした定食が中心。

箱根の大自然を眺めながら、栄養満点の滋味あふれる自然薯料理をいただこう。
箱根の大自然を眺めながら、栄養満点の滋味あふれる自然薯料理をいただこう。

箱根で癒されるならココ!温泉・宿泊施設4選

観光で心を癒した後は、温泉や歴史あるホテルで身体を癒そう。
箱根で温泉・宿泊施設を探している方には、ぜひ訪れて欲しい温泉・宿泊施設を厳選して紹介する。

1. 季の湯 雪月花

強羅駅から徒歩約1分の好立地。風雅な趣あふれる和風温泉旅館。
158ある客室のすべてに檜の露天風呂が備えられ、心ゆくまで温泉を堪能できる。
宿には2ヶ所の源泉があり、豊富な湯を掛け流しで楽しめる風情たっぷりの大浴場のほか、3つの貸切露天風呂もあり、どちらも無料で利用できる。

強羅駅の目の前でアクセス抜群、全室露天風呂付きの風情あふれる温泉宿。
強羅駅の目の前でアクセス抜群、全室露天風呂付きの風情あふれる温泉宿。

2. 富士屋ホテル

1878年創業、箱根を代表するクラシックホテル。日本初の本格的リゾートホテルとして開業以来、140余年の長きにわたり皇室や海外の要人、数多くの著名人たちに愛されてきた。
約7,600坪の敷地内には「本館」「西洋館」「花御殿」「フォレスト・ウイング」の4つの宿泊棟を有し、和洋折衷の内装は今も健在。「本館」「西洋館」「花御殿」は近代化産業遺産のほかに、国の登録有形文化財にも指定されている。

1891年建築、富士屋ホテルの現役施設の中で最古の「本館」
1891年建築、富士屋ホテルの現役施設の中で最古の「本館」

3. 箱根湯寮

箱根湯本から無料送迎バスで約3分、箱根の豊かな自然を満喫できる古民家風の日帰り温泉施設。湯は箱根七湯のひとつ「塔之沢温泉」を源泉としたアルカリ性単純温泉で、肌あたりがやわらかく「美肌の湯」とも称される。

貸切個室露天風呂は全19室、箱根湯本の自然豊かな日帰り温泉施設。
貸切個室露天風呂は全19室、箱根湯本の自然豊かな日帰り温泉施設。

4. 箱根小涌園ユネッサン

温泉地として人気の箱根に位置する温泉テーマパーク。主に、本格温泉「元湯 森の湯」、水着着用で遊べる「ユネッサン屋内エリア」、「ユネッサン屋外エリア」の3エリアに分かれており、それぞれに魅力的な温泉風呂が用意されている。
同じく水着で楽しむ「ユネッサン屋外エリア」では、箱根の自然と一緒にお風呂を満喫できる。

露天風呂はもちろん、温水スライダーにワイン風呂まで、ユニーク過ぎるお風呂で遊ぼう!
露天風呂はもちろん、温水スライダーにワイン風呂まで、ユニーク過ぎるお風呂で遊ぼう!

箱根から買って帰りたいお土産3選

箱根には魅力的なお土産がたくさんありますが、その中でも特にお勧めしたいお土産を3つに絞ってご紹介。

株式会社しいの食品「箱根のうり坊」

箱根のうり坊」は、箱根に住む野生のイノシシをモチーフにし、その赤ちゃん「うり坊」をかたどったおまんじゅう。
しっとりとした皮の中にはミルクバター風味の餡が入っており、やさしい甘さ。賞味期限は製造日より135日と、日持ちもするのでお土産にもぴったり。

手のひらサイズのかわいいおまんじゅう
手のひらサイズのかわいいおまんじゅう

グランリヴィエール箱根「箱根ラスク」

ススキ草原で有名な仙石原に本店を構えるグランリヴィエール箱根。看板商品の「箱根ラスク」は、独自の配合でブレンドした小麦粉で作るラスクパンを、スライスしてサクッと焼き上げた一品。芳醇なバターの香りが漂い、サクサクとした食感と口の中でスッと溶けるような軽さが特徴だ。

サクサク感とバターの香りが特徴の「箱根ラスク」
サクサク感とバターの香りが特徴の「箱根ラスク」

菊川商店「カステラ焼 箱根まんじゅう」

箱根湯本駅前商店街で長年続く土産物屋「菊川商店」の看板商品「カステラ焼 箱根まんじゅう」。
温泉まんじゅうというと蒸した和風のものが多いが、こちらのまんじゅうはカステラ生地で白餡を包んだ洋風のもの。新鮮な卵をたっぷり使い、こんがりと焼き上げたカステラ生地の中には北海道産の豆を使った白餡がぎっしり。

温泉マークがかわいらしいまんじゅうは1個から購入可能
温泉マークがかわいらしいまんじゅうは1個から購入可能

まとめ

癒されたい方なら訪れるべき観光スポット・宿泊施設・グルメ・温泉・お土産を厳選してご紹介してきた。日常に疲れた時や旅の合間に疲れた時には、今回の記事を参考に、ぜひ箱根まで足を伸ばして身体と心の休息を取ってほしい。