公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

箱根旧街道

石畳の道を歩き、江戸時代の旅人気分に浸れる箱根越えの旧道。

更新 :

江戸時代初期に徳川幕府によって整備された、東京と京都を結ぶ東海道。その道中にある宿場町、三島宿と小田原宿間が箱根旧街道だ。約32kmの区間は高低差が800m以上あり、東海道第一の難所として知られている。その過酷さは明治時代になって、唱歌「箱根八里」の中で「箱根の山は天下の険」と歌われるほど。

箱根旧街道を象徴するのが続く石畳の道。雨が降るとすねまでが泥に浸かってしまうほどにぬかるみ、旅人を悩ませた坂道を歩きやすくするために徳川幕府が整備したものである。また、距離を測る目安として街道沿いに一里(約3.9km)ごとに築かれた一里塚も3カ所に現存しており、歴史的に価値の高い文化財として石畳と合わせて国の史跡に指定されている。

歴史を感じさせるハイキングコースとしても人気の箱根旧街道だが、急な坂道が続くルートはなかなかハード。箱根峠から三島宿までの「西坂」と呼ばれる区間を箱根側も、下り坂が大半を占めるため、足腰の負担が大きいので注意が必要だ。

ポイント

  • 江戸時代に整備された旧東海道の一部。
  • 道中の石畳の一部が復元整備され、一里塚とともに国の史跡に指定されている。
  • 平成30年(2018)に「日本遺産」認定を受ける。
  • 箱根峠の旧街道入り口から約600mは2022年9月現在通行止め。

写真

  • 風情ある杉並木と石畳の道

    風情ある杉並木と石畳の道

  • 錦田一里塚

    錦田一里塚

口コミ

基本情報

日本語名称
箱根旧街道
住所
〒411-0855静岡県三島市本町~〒411-0001静岡県田方郡箱南町桑原
電話
055-983-2672(三島市役所教育推進部文化財課)
定休日
散策自由
時間
散策自由
料金
散策自由
アクセス
三島宿: JR「函南」駅からタクシーで14分
小田原宿: 箱根登山鉄道「箱根湯本」駅からタクシーで11分
公式サイト
公式サイト(日本語)