公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

ちもと総本店 軽井沢本店

軽井沢の天然氷と使ったかき氷が1年中味わえる昭和23年(1948)創業の老舗甘味処。

更新 :

昭和23年(1948)の創業から長年、旧軽井沢銀座通りで営業を続けている老舗甘味処。看板商品の黒糖入りの求肥と信州産のくるみを練り込んだ「ちもと餅」(235円)をはじめ、さまざまな甘味やランチにピッタリなそばやうどんなどが味わえる。

甘味の中でも特に人気なのが、軽井沢で作られた天然氷を使った「天然かき氷」(660円~)だ。長い時間をかけて凍らせる天然氷は溶けにくく、冷たいもの食べた時特有の頭痛も起きにくいそう。

オーダー後に立てた抹茶をふんだんにかけた「宇治ミルク金時」(970円)は、器の底に自家製粒あんと練乳が隠れており、自分の好みの甘さに調節することが可能。ほろ苦い抹茶ソースとシャクシャク食感の氷の相性も良く、ボリューム満点だがペロリと完食できる。

天然かき氷は「宇治ミルク金時」のほかに、さっぱりとした「夏みかん」や珍しいフレーバーの「ライム」など種類豊富にそろっているので、何度でも訪れたくなりそうだ。

ポイント

  • 旧軽井沢銀座通りで店舗を構える銘菓「ちもと餅」が看板商品の老舗甘味処。
  • 頭が痛くなりにくい軽井沢の天然氷を使った「天然かき氷」が1年中味わえる。
  • ほろ苦い抹茶ソースと粒あん・練乳で自分好みに甘さを調節することができる「宇治ミルク金時」。
  • さっぱりとした「夏みかん」や珍しい「ライム」など種類豊富のフレーバーがそろう。

写真

  • 旧軽井沢銀座通りの奥の方にあるので散策のひと休みをすることも

    旧軽井沢銀座通りの奥の方にあるので散策のひと休みをすることも

  • 広々とした店内は茶室のような落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごせる

    広々とした店内は茶室のような落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごせる

  • 「宇治ミルク金時」(970円)は外から中にザクザクと崩しながら食べるのがおすすめ

    「宇治ミルク金時」(970円)は外から中にザクザクと崩しながら食べるのがおすすめ

口コミ

基本情報

日本語名称
ちもと総本店 軽井沢本店
郵便番号
389-0102
住所
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢691-4
電話
0267-42-2860
定休日
不定休(夏季は無休)
営業時間
10:00〜18:00(7月中旬~8月は9:00~)
予算
660円~
アクセス
1)JR東日本・しなの鉄道「軽井沢」駅から西武観光バス「旧軽井沢」下車、徒歩約7分
2) JR東日本・しなの鉄道「軽井沢」駅から徒歩約25分
クレジットカード
公式サイト
公式サイト(日本語)