公式情報 掲載施設による公式確認を経た情報です。

軽井沢ニューアートミュージアム

国内外の美術ファンからも注目されているスタイリッシュな外観の美術館。

更新 :

商業施設だった建物をリニューアルし2012年にオープンした美術館。カラマツ林をイメージした白い柱がデザインされた総ガラス張りの外観の建物は、建築家・西森陸雄が設計した。

入場料無料の1Fにはギャラリーやミュージアムショップ兼ブックカフェがそろっており、気軽にアートを楽しめる。世界の第一線で活躍中の日本の現代アートの作家やそのグループ展ほか、海外作家も含め、日本国内のみならず海外からの美術ファンの期待にも応えられるような斬新な企画展を開催している。

また、館内には併設のカフェとレストランもあり、その日に採れた野菜を使った料理や自家製手打ちパスタなどが味わえるのも魅力のひとつだ。

さらに、ミュージアムの敷地内には実際に挙式会場としても使われることもある、建築家・隈研吾と現代美術作家・ジャン=ミシェル オトニエルが手がけたチャペル「風通る白樺と苔の森」も。毎日2回、チャペル見学ツアー(先着順・限定10名)も行っているので参加してみるのもおすすめ。

ポイント

  • 商業施設の建物をリニューアルしたスタイリッシュな建物は建築家・西森陸雄が設計。
  • 1Fは入場無料でギャラリーやミュージアムショップ兼ブックカフェが楽しめる。
  • 自家製の手打ちパスタなどが味わえるレストランやカフェを併設。
  • 敷地内には実際に挙式をあげられるチャペルも併設。
  • チャペル見学ツアーは毎日2回ほど開催している。

写真

  • 軽井沢駅からまっすぐ進むとスタイリッシュな外観が目に入る

    軽井沢駅からまっすぐ進むとスタイリッシュな外観が目に入る

  • さまざまな企画展が開催されている1階ギャラリー

    さまざまな企画展が開催されている1階ギャラリー

  • だれでも利用ができる1階のブックカフェ。休憩スポットとしても人気

    だれでも利用ができる1階のブックカフェ。休憩スポットとしても人気

  • 2階の展示スペースでは心惹かれる作品に出会える

    2階の展示スペースでは心惹かれる作品に出会える

  • チャペル見学ツアー参加者は写真撮影することも可能だ

    チャペル見学ツアー参加者は写真撮影することも可能だ

公式FAQ

Q

外国語対応は可能ですか?(可能な場合、対応言語もお知らせください)

A

英語とフランス語、中国語対応可。(ただし、対応可能なスタッフが出勤している場合のみ)

Q

再入場(再入園)は可能でしょうか。

A

可能です。

Q

施設内で利用可能な無料Wi-Fiはありますか?

A

あります。

Q

コインロッカーはありますか?

A

100円ロッカーあり(100円リターン式)

Q

冬季休館はありますか?

A

1月の半ばに10日から2週間ほどあります。

口コミ

基本情報

日本語名称
軽井沢ニューアートミュージアム
郵便番号
389-0102
住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
電話
0267-46-8691
定休日
月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
※8月は無休
時間
10:00〜17:00(7月〜9月は〜18:00)
料金
2階企画展 一般2,000円、大学・高校生1,000円、小・中学生500円
※1階は入場無料(チャペルは見学のみ300円、当日の2F企画展チケットがある人は無料)
アクセス
1) JR東日本・しなの鉄道「軽井沢」駅から徒歩約8分
2) 上信越自動車道碓氷軽井沢I.C.から車で約20分
クレジットカード
公式サイト
公式サイト(日本語)