日光二荒山神社

福の神・縁結びのご利益でも知られる神社

3.58

神社

日光二荒山神社は、日光連山の主峰・日光三山を神体山として祀る神社。福の神・縁結びのご利益でも知られる。
日光山内の入り口を飾る木造朱塗りの美しい橋「神橋」は、二荒山神社の建造物。世界遺産「日光の社寺」の玄関ともいえる橋になっている。他に、中禅寺湖畔に中宮祠、男体山山頂に奥宮がそれぞれある。「日光の社寺」として世界遺産に登録されている

ポイント

  • 福の神・縁結びのご利益でも知られる
  • 「日光の社寺」として世界遺産に登録

写真

  • 拝殿
  • 参道
  • 楼門

口コミ

  • 陳育誠

    從東照宮出來之後進入日光二荒山神社,走過一條長長碎石路 !
    映入眼前的一座門邊有一座七福神像供人膜拜與祈求福氣與好運 !
    二荒山神社有很多年輕的情侶及單身貴族來此求姻緣。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

正式名称
二荒山神社
創建年代
767年
郵便番号
321-1431
住所
栃木県日光市山内2307
電話
0288-54-0535
料金
200円
※神苑エリアのみ有料
定休日
無休
時間
4月~10月 8:00-17:00
11月~3月 8:00-16:00
※受付は閉門30分前に終了
アクセス
JR日光線「日光」駅または、東武日光線「東武日光」駅より、世界遺産めぐりバス(東武バス)約7分「大猷院二荒山神社前」下車徒歩約1分
公式サイト
公式サイト(日本語)