公式情報

いききの道

古い街道の面影が残る道。

名所

多摩川に削られてできた段丘崖で、通称“ハケ”と呼ばれる。多摩川上流にある山で切り出された材木を東京湾まで運ぶ際、”いかだ師”たちが”行き来した道“であることから名づけられ、今なお古い街道の面影を残している。

ポイント

  • 多摩川によって削られてできた高さ約6メートルの段丘崖で、通称“ハケ”と呼ばれる道。
  • 春になると「やぶつばき」の赤い花が咲く道として知られている。
  • 高台なので、見晴らしが良い。

写真

  • いききの道
  • 段丘崖の地形が見られる
  • 石碑が残る

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
いききの道
郵便番号
183-0011
住所
東京都府中市白糸台6-42
アクセス
京王線「東府中」駅から徒歩5分
公式サイト
公式サイト(日本語)