公式情報

平等院

完璧なシンメトリーが圧巻! 極楽浄土を思わせる幻想的なお堂にうっとり

世界遺産、寺院

平安時代の権力者・藤原道長が別荘として使用していたものを、息子・頼通が受け継ぎ、1052年に寺に改め開かれた。1994年に世界遺産に登録。2014年の改修を経て、創建時の姿に近づいたとされている。
本尊の阿弥陀如来像が安置されている阿弥陀堂は必見。シンメトリーな壮麗さに、きっと見惚れてしまうはず。創建当時、極楽往生を願う思想が流行しており、極楽浄土の宮殿をイメージして建てられた。正面から眺めると翼を広げた鳥のように見ることと、屋根の上に1対の鳳凰が据えられていることから、江戸時代はじめ頃より「鳳凰堂」の名前で親しまれるように。国宝に指定されている。

「平等院ミュージアム鳳翔館」では、梵鐘や鳳凰、雲中供養菩薩像など平等院に伝わる数多くの宝物が展示されている。また、最新のデジタル技術によって鳳凰堂内部の極彩色の装飾を再現したものが見学できる。

境内には日本茶専門店「茶房 藤花」があり、抹茶や煎茶などが和菓子と共にいただける。平等院がある場所がお茶の“名産地・宇治”ということもあり、茶葉は宇治産のものを使用した“平等院限定オリジナルブレンド”。特別な場所で、ここだけでしか飲めない一杯をぜひ堪能しよう。

また境内は、桜や紅葉など季節ごとに自然の美しさも楽しめる。4月下旬~5月上旬のシーズンは、約1万房の藤の花が開花。藤の名所として、毎年多くの観光客が訪れている。

ポイント

  • 阿弥陀如来が安置されている鳳凰堂のシンメトリーの美しさは必見。
  • 「平等院ミュージアム鳳翔館」では国宝の数々が見学できる。
  • 境内にある「茶房 藤花」では、オリジナルブレンドのお茶が飲める。
  • 春は桜、秋は紅葉といった四季折々の自然が楽しめる。4月下旬~5月上旬に咲き誇る藤の花が見もの。

写真

  • 池の中島に建つ「鳳凰堂」は、さながら浮いているかのよう

    池の中島に建つ「鳳凰堂」は、さながら浮いているかのよう

  • 「鳳凰堂」の中には阿弥陀如来が据えられている

    「鳳凰堂」の中には阿弥陀如来が据えられている

  • ミュージアムでは国宝の「梵鐘」など数々の貴重な展示物が並ぶ

    ミュージアムでは国宝の「梵鐘」など数々の貴重な展示物が並ぶ

  • 「鳳凰堂」の堂内の色彩を再現したものもミュージアムで見られる

    「鳳凰堂」の堂内の色彩を再現したものもミュージアムで見られる

  • 限定のオリジナルブレンドの抹茶を提供している「茶房 藤花」

    限定のオリジナルブレンドの抹茶を提供している「茶房 藤花」

  • 1万房近い藤が開花する頃は、藤の花越しに鳳凰堂が眺められる

    1万房近い藤が開花する頃は、藤の花越しに鳳凰堂が眺められる

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
平等院
郵便番号
611-0021
住所
京都府宇治市宇治蓮華116
電話
0774-21-2861
定休日
無休 ※「茶房 藤花」は火曜日(祝日の場合は営業)
時間
8:30~17:30(受付終了17:15)
※鳳凰堂内部9:30~16:10(20分毎に各回20名定員、受付時間9:00~先着順)
※平等院ミュージアム鳳翔館9:00~17:00(受付終了16:45)
※ミュージアムショップ9:00~17:00
※茶房 藤花10:00~16:30(ラストオーダー16:00)
※集印所9:00~17:00
料金
大人600円、中高生400円、小学生300円 ※庭園・平等院ミュージアム鳳翔館セット料金
※鳳凰堂内部の拝観は別途、300円が必要
アクセス
JR奈良線・京阪宇治線「宇治」駅から徒歩10分
クレジットカード
不可
公式サイト
公式サイト(日本語)