公式情報

箱根登山鉄道

箱根観光の強い味方。急傾斜をぐんぐん進む山岳鉄道&ケーブルカー。

観光鉄道

沿線に箱根の主要スポットが点在し、箱根観光に欠かせない「箱根登山鉄道」。小田原駅~強羅駅を結ぶ「箱根登山鉄道」と、強羅駅~早雲山駅を結ぶ「箱根登山ケーブルカー」からなり、箱根湯本駅と強羅駅の2回の乗り換えで終点の早雲山駅までアクセスできる。

「箱根登山鉄道」は本格的な山岳鉄道で、急勾配の箱根の山を力強く走る。車窓からは箱根の山々を眺められ、6月中旬~7月下旬には沿線にあじさいが咲き誇る。夜はライトアップもされ、全席指定の「夜のあじさい号」の運行も。

強羅駅から早雲山駅をつなぐ「箱根登山ケーブルカー」は、6駅1.2kmを約10分で走行。路線距離はわずか1.2kmながら高低差が200mほどあり、「登山」をしているような急斜面を進むのが特徴。車体は窓が大きく取られ、箱根の自然を一望できる。

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2021年度の「夜のあじさい号」は運休、夜間ライトアップのみ実施

ポイント

  • 山岳鉄道とケーブルカーで急勾配の箱根の山を登る、箱根観光に便利な交通機関。
  • 車窓からは箱根の山々の美しい景色を眺められる。
  • あじさいの季節にはライトアップも楽しめる。

写真

  • あじさいの咲く時期の「箱根登山鉄道」は、「あじさい電車」の愛称で親しまれている

    あじさいの咲く時期の「箱根登山鉄道」は、「あじさい電車」の愛称で親しまれている

  • 標高差により地点ごとにあじさいが咲き始める時期が違うため、長い期間楽しめる

    標高差により地点ごとにあじさいが咲き始める時期が違うため、長い期間楽しめる

  • 箱根登山鉄道の名所のひとつ出山鉄橋

    箱根登山鉄道の名所のひとつ出山鉄橋

  • 車体の種類もいろいろあるのでチェックしてみよう。こちらは2000形

    車体の種類もいろいろあるのでチェックしてみよう。こちらは2000形

  • 1981年に登場した1000形車両。「ベルニナ号」の愛称で親しまれている

    1981年に登場した1000形車両。「ベルニナ号」の愛称で親しまれている

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
箱根登山鉄道
郵便番号
250-0311
住所
神奈川県足柄下群箱根町湯本白石下707-1(箱根湯本駅)
電話
0465-32-6823(箱根登山鉄道鉄道部)
定休日
無休
時間
箱根登山鉄道の運行時間は、小田原発箱根湯本行5:33~23:26(土・日曜、祝日も同様)、箱根湯本発強羅行6:12~22:33(土・日曜、祝日は22:37最終)、強羅発箱根湯本行5:45~22:16(土・日曜、祝日は22:11最終)
料金
箱根登山鉄道:小田原~強羅駅大人680円、小学生340円/箱根登山ケーブルカー:強羅~早雲山駅大人430円、小学生220円
アクセス
小田急電鉄「小田原」駅から徒歩1分(小田原駅)
クレジットカード
箱根湯本駅、強羅駅の窓口のみ可
(VISA、Master Card、JCB、AMERICAN EXPRESS)
公式サイト
公式サイト(日本語)