公式情報

大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館

大阪の「今と昔」の暮らしが学べる体験型のミュージアム。

3.88 4

博物館

日本初の「住まいの歴史と文化」をテーマにした專門ミュージアムとして、2001年4月にオープン。江戸時代から明治、大正、昭和の大阪の住まいと人びとの暮らしぶりを学ぶことができる。

8階「モダン大阪パノラマ遊覧」のフロアでは、明治から昭和までの近代の大阪の町をジオラマ模型や、映像を交えて紹介。当時の建物はもちろん、文明開化から大大阪時代に至るまでの暮らしや文化・風俗などを知ることができる。また、大阪空堀商店街で生まれ育った家族の住まいの移り変わりを映像と模型で紹介する、住まい劇場「あの日 あの家―ある家族の住み替え物語―」も必見だ。

9階「なにわ町家の歳時記」のフロアでは、1830年代前半の江戸時代の町並みを実物大サイズで再現。風呂屋、呉服屋、本屋、薬屋などが並ぶ通りを実際に歩くことができ、お店の中へ入って展示物を手に取ることも可能だ(2021年9月より天井改修工事のため閉鎖中)。

そのほか企画展示室では「くらし」にまつわる展示を中心とした企画展も随時開催する。

ポイント

  • 大阪の住まいやくらしの移り変わりを知ることができる博物館。
  • 明治・大正・昭和の大阪の住まいを映像やジオラマ模型で細かく再現した展示がある。
  • 常設展のほか、企画展も随時開催。
  • 江戸時代の町並みを再現した9階「なにわ町家の歳時記」フロアは2021年9月から天井改修工事のため閉鎖中。

写真

  • 近代の大阪のくらしや文化・風俗を知ることができる常設展

    近代の大阪のくらしや文化・風俗を知ることができる常設展

  • 模型で近代のまちなみの様子を知ることができる

    模型で近代のまちなみの様子を知ることができる

  • 建物の中の様子も細かく再現

    建物の中の様子も細かく再現

口コミ

4
  • Ling Cheung

    還原大阪江戶時代街景,很有意義的景點。

  • Tim Hung

    相當有趣的景點可以鑒古知今,來這邊參觀的幾乎都是外國遊客。

  • Jen Jen Chen

    可以穿著和服👘在館內拍照留作紀念。

  • 丞丞

    持大阪周遊卡就可以免費參觀的景點,內部重建的大阪江戶時代的樣貌,還可以穿和服拍照留念。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館
郵便番号
530-0041
住所
大阪府大阪市北区天神橋6−4−20 住まい情報センタービル8階
電話
06-6242-1170
定休日
火曜、年末年始、展示替え臨時休館あり
時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
※2021年9月〜2022年秋頃予定で天井改修工事のため一部展示室等閉鎖中
料金
一般400円、高・大生300円
※天井改修工事期間中の料金です
※8階常設展と企画展がご覧いただけます
アクセス
1)大阪メトロ地下鉄谷町線・堺筋線、阪急千里線「天神橋筋六丁目」駅直結
2)JR大阪環状線「天満」駅から徒歩7分
クレジットカード
可(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、銀聯)
公式サイト
公式サイト(日本語)