愛宕神社

都心の山頂にある、火の神をまつる神社

3.95 1

神社

1603年に防火の神様として祀られた神社。防火、防災以外にも、「火をつける」という表現から、恋愛、印刷・コンピュータ関係、商売繁昌などにご利益あると言われている。神社は、東京23区内の自然山で一番高い、標高26メートルの愛宕山の山頂にあり、オフィス街の中にあるとは思えない、四季の自然を感じることができる。
愛宕神社に上がる急な石段は「出世の石段(男坂)」と呼ばれ、江戸時代、馬に乗ったまま石段を往復したことで名をはせた人物の逸話が残されている。ちなみに、愛宕山トンネル東側にある、エレベーターで山頂に行くこともできる。

ポイント

  • 防火だけでなく火にまつわる恋や商売にご利益のある神社
  • 馬で登った逸話の「出世の石段」
  • オフィス街の中とは思えない豊かな自然

写真

  • 社殿

    社殿

  • 大鳥居と出世の石段

    大鳥居と出世の石段

  • 周辺にはオフィスビルが立ち並ぶ

    周辺にはオフィスビルが立ち並ぶ

口コミ

  • 陳怡芬

    曾見過最陡的階梯之一。這這裏登高非常的有趣,當然你要有個好身體。最高處是個神殿,裏面有錦鯉池。這裏的錦鯉是最棒的。喂它們很有意思。魚食售價100日元。

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

創建年代
1603年
郵便番号
105-0002
住所
東京都港区愛宕1-5-3
電話
03-3431-0327
入場料
無料
定休日
無休
時間
終日散策自由
アクセス
(1)東京メトロ日比谷線「神谷町」駅から徒歩5分
(2)東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅から徒歩8分
公式サイト
公式サイト(日本語)