公式情報

まちなか遊学館 着付け体験

足利銘仙や甲冑を纏い石畳の街を散策!

文化体験

昔から織物業で栄えた足利のまち。この土地ならではの特色を生かした体験を求めるのなら、「足利まちなか遊学館」へ行くのがおすすめ。ここでは、足利銘仙をはじめとする着物や、武士や侍が戦で身につけていた甲冑(鎧と兜)の着付けを体験できます。

銘仙とは、平織りの絹織物のこと。大正(1912年〜1926年)から昭和(1926年〜1989年)初期にかけて全国で流行しました。銘仙は、経糸の色と緯糸の色を故意にずらすことで、色の境界がぼやける柄が特徴的。カラフルで大胆な柄は、まさに大正ロマン。銘仙は当時のファッションを牽引する存在でした。かつて銘仙の5大産地のひとつとして名を馳せた足利銘仙は、鮮やかな色合いと質の高さが魅力。そのハイカラな色や柄使いは今でも斬新な印象を与え、レトロモダンを象徴する存在として愛されています。

着物や甲冑を身に纏い、足利のまちを歩けば、忘れられない特別な旅の思い出になることでしょう。

ポイント

  • 足利銘仙柄の着物の着付けをしてもらえる。
  • 甲冑の着付けをしてもらえる。
  • 着物もしくは甲冑姿で風情ある街並み・石畳通りを散策できる。

写真

  • 大胆な柄と色使いは今でもモダンな印象

    大胆な柄と色使いは今でもモダンな印象

  • 着物が初めてでも丁寧に着付けてくれるので安心です

    着物が初めてでも丁寧に着付けてくれるので安心です

  • 武士や侍の気分が味わえる甲冑

    武士や侍の気分が味わえる甲冑

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報 

日本語名称
まちなか遊学館 着付け体験
郵便番号
326-0814
住所
栃木県足利市通1丁目2673-1
電話
0284-41-8201
入場料
甲冑体験4,000円、銘仙着物4,000円(10月〜4月は3時間、5〜9月は1時間。雨天は着物に変更。)、着物3,500円〜、男性着物3,000円、浴衣(5〜9月)3,000円、袴5,000円、小学生着物3,000円、幼児着物2,000円
定休日
第3水曜日、年末
営業時間
着付受付 9:30-14:00 返却 16:00 まで (着物の一泊レンタル受付 14:00-16:00)
アクセス
(1)JR両毛線「足利」駅から徒歩約5分
(2)東武鉄道伊勢崎線「足利市」駅から徒歩約10分
公式サイト
公式サイト(日本語)