公式情報

桐生新町重要伝統的建造物群保存地区

織物産業で栄えた「桐生」のノスタルジックな街並み

古い街並み

現在の桐生市の中心市街地である「本町通り」周辺は現在でも織物関係の蔵や町屋、ノコギリ屋根工場など歴史的な建造物や当時の敷地割りが残り、織物業で栄えた桐生を象徴するノスタルジックな景観として人気を博しているスポットである。

歴史的建造物が軒を連ねる桐生市街中心地・本町通り
歴史的建造物が軒を連ねる桐生市街中心地・本町通り

その歴史は古く、今から約400年前に徳川家康の家臣であった大久保長安の命令を受けた手代・大野八右衛門によるものとされている。桐生天満宮を基点として計画的に街並みが形成され、町全体が門前町のような様相に。そして絹織物業の発展とともに市街地は郊外へと広がっていった。

桐生の絹織物業は1872〜1937年頃にかけて日本基幹産業として発展し、外貨獲得に大いに貢献。当時の桐生新町には買継商や糸商、呉服商、染物業など織物業の店舗が軒を連ね、栄えていった。そして2012年には関東で5番目となる重要伝統的建造物群保存地区に選定され「桐生新町重要伝統的建造物群保存地区」と呼ばれるように。

桐生市の重要文化財に指定されている矢野園 喫茶有鄰の外観
桐生市の重要文化財に指定されている矢野園 喫茶有鄰の外観
旧曽我織物工場。このエリアを象徴するノコギリ屋根の建造物
旧曽我織物工場。このエリアを象徴するノコギリ屋根の建造物

この日本情緒豊かな街並みを持つ織物のまち・桐生を散策するなら、ぜひ着物で出かけよう。
桐生おりひめ倶楽部では3,500円と非常にリーズナブルな金額で着物のレンタル・着付けを行なっているのでおすすめ!

※問い合わせ:090-4000-5543

着物での街歩きにマッチする、ノスタルジックな重伝建エリア
着物での街歩きにマッチする、ノスタルジックな重伝建エリア

また、桐生観光協会が運営する「“織都桐生”案内人の会」では、数々の講習や実地研修を積んだガイドが、要望に合わせて桐生の街を案内するサービスも。英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語などの多彩な言語にも対応しているので非常に便利。よりディープでより面白い桐生の街を知ることができるので、街歩きにはぜひおすすめしたい。

※事前の予約必須なので織都桐生案内人の会予約ページから予約しよう。

日本の西の西陣、東の桐生と言われていたほどの全国的な織物産地であった桐生での街歩きはきっと特別な体験になるはず!

写真

  • 歴史的建造物が軒を連ねる桐生市街中心地・本町通り
  • 桐生市の重要文化財に指定されている矢野園 喫茶有鄰の外観
  • 旧曽我織物工場。このエリアを象徴するノコギリ屋根の建造物
  • 着物での街歩きにマッチする、ノスタルジックな重伝建エリア

口コミ 体験記

投稿をするとクーポン・スクラッチができます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

住所
群馬県桐生市本町1丁目、2丁目全域、天神町一丁目一部
電話番号
0277-46-1111(桐生市観光交流課)
料金
無料
アクセス方法
JR両毛線「桐生駅」より徒歩で約15分または車で約5分。東武桐生線「新桐生駅」より車で10分。
公式サイト
公式サイト(英語)