公式情報

桐生八木節まつり

熱気と興奮に包まれる、桐生最大の夏まつり

群馬県内最大規模の夏の祭典

桐生八木節まつりは、桐生市の中心部(本町通り、末広町通り、錦町通りなど)で、毎年8月の第1金曜から日曜まで、3日間にわたって開催される群馬県内最大規模の夏の祭典。かつては牛頭天王社の祭礼「桐生祇園祭」として行われていたが、両毛地域の民謡、八木節に関連したさまざまな行事と統合して、八木節の名を冠した現在の名称になった。

熱気を帯びて、やぐらを何重にも囲んで広がる踊りの輪がまさに“日本一アツい交差点”
熱気を帯びて、やぐらを何重にも囲んで広がる踊りの輪がまさに“日本一アツい交差点”

このまつりの最大の特徴は“超参加型”であること。期間中は市内数か所にやぐらが設置され、八木節のリフレイン。何重にも八木節踊りの輪が広がり、地元民だけでなく、一般客が飛び入りで列に加わって踊る光景があちこちで見られる。踊り方がわからなくても、見よう見まねでOK。その気軽さ、自由さが何よりの魅力なのだ。プログラムは、有志チームがさまざまな仮装で練り歩く「ジャンボパレード」、八木節の音頭日本一を競う「全日本八木節競演大会」をはじめ、「ダンス八木節」など、盛りだくさんで子どもから大人までが楽しめるバラエティに富んだ内容。一方で、「桐生祇園祭」の催事である神輿渡御、鉾の巡業など、目も心も奪われる日本の伝統にも出合える。最終日は熱気と興奮が最高潮。参加者全員が一体となって、盛大なフィナーレへとなだれ込む。

有志による踊りの披露も。飛び入り参加して踊れるのも八木節の魅力
有志による踊りの披露も。飛び入り参加して踊れるのも八木節の魅力

期間中は、メインストリートを中心に約2.5キロメートルが歩行者天国に。また、わたらせ渓谷鐵道や上毛電気鉄道では臨時列車が運行されるなど、まさに街をあげてのまつりであり、参加者は3日間で50万人。桐生市の人口約11万人の45倍超というから驚きだ。そんな“桐生が最もアツい3日間”。聴いてよし、踊ってよしの「八木節」とともに、ぜひ体感してほしい。

期間中にはグルメや昔ながらの遊びを体験できる屋台が軒を連ねる
期間中にはグルメや昔ながらの遊びを体験できる屋台が軒を連ねる

写真

  • 熱気を帯びて、やぐらを何重にも囲んで広がる踊りの輪がまさに“日本一アツい交差点”

    熱気を帯びて、やぐらを何重にも囲んで広がる踊りの輪がまさに“日本一アツい交差点”

  • 有志による踊りの披露も。飛び入り参加して踊れるのも八木節の魅力

    有志による踊りの披露も。飛び入り参加して踊れるのも八木節の魅力

  • 期間中にはグルメや昔ながらの遊びを体験できる屋台が軒を連ねる

    期間中にはグルメや昔ながらの遊びを体験できる屋台が軒を連ねる

口コミ

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

住所
群馬県桐生市本通り、末広町通り、錦町通り
電話番号
0277-46-1111(桐生市観光交流課)
営業時間
<8月第一金曜・土曜・日曜>10:00~22:00
料金
無料
アクセス方法
JR両毛線「桐生駅」、上毛電鉄「西桐生駅」より徒歩ですぐ。東武桐生線「新桐生駅」よりバスで約15分。
公式サイト
公式サイト(英語)