消防博物館

防火・防災を学べる消防博物館

4.07 2

博物館

東京の安全と安心を進める消防がまるごとわかる広報・教育施設として1992年12月3日に開館。正式名称は東京消防庁消防防災資料センター。
江戸時代に誕生した火消を再現ししたジオラマや、かつて活躍した消防自動車の展示などがされている。また、屋外に設置された展示用のヘリコプター操縦席に乗ることもできる。
10階の防災ラウンジでは、新宿副都心や六本木ヒルズをはじめ、晴れた日には富士山を見ることができる。

ポイント

  • 時代とともに変化する消防の活躍がよくわかる。
  • ミュージアムショップでは、オリジナルグッズなど販売。
  • 音声ガイド機器貸し出しあり。(日本語、英語、中国語、韓国語)

写真

  • 外観

    外観

口コミ

2
  • 陳鴻章

    原來日本在江戶時代的時候,防止火災意識就已經非常強烈

  • 莊嘉文

    可以讓孩子體驗穿著消防員的衣服坐在消防車上,也有已經退役各式古董消防車展式,很佩服日本人~能夠把消防安全這麼嚴肅的話題,轉變成免費又好玩的景點

レビュー投稿をするとクーポン・スクラッチがもらえます!
スクラッチを削ると、便利なクーポンがゲットできます!

基本情報

日本語名称
消防博物館(東京消防庁消防防災資料センター)
郵便番号
160-0004
住所
東京都新宿区四谷3-10
電話
03-3353-9119
入場料
無料
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
※9月1日、10月1日、1月17日は開館
営業時間
9:30-16:00
アクセス
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅2番出口と直結
公式サイト
公式サイト(日本語)